コンパクトでコスパが良い食器洗機ラクアminiを購入してみた

ラクアmini購入便利家電マシーン
ラクアmini購入

食洗器って今は当たり前の様にキッチンに備わっている便利家電かもしれませんが、私のような貧乏人には、ちょっと贅沢な家電というイメージがありました。

特に我が家はキッチンも狭くて置く物も選ばなくてはなりません。

食洗器なんて置けるわけない!そんな感覚で生きてましたから・・・。

スポンサーリンク

食器洗い乾燥機って必要なの

そもそも食洗器って「必要なの?」

食器なんて自分で洗えばいいじゃん!

そうなんです!その通りです!! 人によっては必要ありません。

私の場合はそもそも我が家の狭小キッチンには設置出来ないじゃん。
だから必要無し!って強がって生きてました。

しかし狭小キッチンにも工事不要で設置できるかも知れない食洗器を見つけた時には、すご~く興味をそそられました。

結局人(私)は楽したい!

時間の有効利用がしたい!

朝食後の食器洗う時間なんて、特に有効利用したい!

人類の叡智を我に~

狭小なスペースでも設置できる可能性がある食器洗い乾燥機は、サンコー株式会社から販売されている

「ラクア」か「ラクアmini」です。

サンコー食洗器のお値段

気になるのはお値段は?

水道いらずのタンク式食器洗い乾燥機 「ラクア」

約2~3人分の食器が洗えます。

工事不要でシンク横に置けるタンク式食洗機「ラクアmini」

約1~2人分の食器が洗えます。

どちらも価格的に3万円台で購入可能、さらに特別な工事など必要なく届いたその日から使用可能な点が気に入りました。

私も1~2カ月分のお小遣いを貯めれば購入可能な値段でした。

私は設置スペースの関係でラクアminiを購入しましたが、4人家族なので本当はラクアの設置が出来ればと思っていました。 

ラクアminiの新型「ラクアmini Plus」が発売されてました。

上下Wノズルで洗浄力UP!

汚れた食器も綺麗に洗えるのか

食洗器購入するはいいけど、

「食器の汚れは落ちるの?」
「手洗いと変わらず綺麗になってるの?」

この疑問は食洗器購入時、人類皆が思いますよね!

ラクアminiを購入した私が実証済みでお答えします!

以下は食洗器で洗う前と、洗った後の比較です。

お見苦しく汚れた食器たちです。

「食洗器でも綺麗に汚れはおちてます!」

ちなみに洗浄モードは「通常洗浄」です。

以下画像を確認して下さい。

ただし!食洗器への食器の入れ方に注意は必要です。

何事もルールは守って使用する事が大事ですね。
キャパオーバーの過積載食器には食洗器ノズルからの噴射水がかからず、汚れが落ちない事があります。

トレーに食器を置く時は、食洗器下側のノズルから噴射水がかかる様に、食器を置く事を考慮すると良いと思います。

設置と使用方法は簡単

設置は本当に置けるスペースに置くだけで、後はコンセントを差し込むだけでOK!

水道の分岐などは必要ありませんが、食洗器からの排水経路は考えなければなりません。


別売りのラクア用スチールラックなどを利用出来れば、キッチンのシンク横やカウンタ―テーブルにスペースが無い場合は設置可能です。

タンク式食洗機に使えるラクア用スチールラック45x45x87.5cm | 【公式】サンコー通販オンラインショップ
シンク周りに食洗機を置く場所がない方におすすめ!タンク式食洗機にぴったりサイズのスチールラック【秋葉原総本店在庫有り。電話注文は03-5297-5783まで・お持ち帰り可】 |「タンク式食洗機に使えるラクア用スチールラック45x45x87.5cm」の販売ページ | THANKO|サンコー公式通販サイト|サンコー公式通...

下側には排水受けとしてバケツなどを利用します。

またはシンク横におけるスペースがある時は下の様な棚を購入すると良いのではないでしょうか。


電源接続はアースコードがあるので延長コンセントなど使用される方はご注意!
延長コードはアース線に対応していない物も多いので購入使用時に注意して下さい。

下の様な物を利用すると良いと思います。

小スペースで設置できる

私がラクアmini購入を決定づけたのは、何といっても小スペースで設置可能だという事です。

ラクアでも設置スペースは少ない方だと思いますが、さらに小スペースで設置可能なのは驚きです。

ラクア本体サイズ

幅:42.5cm×奥行:41cm×高さ:45.5cm

ラクアmini本体サイズ

幅:41.5cm×奥行:31.5cm×高さ:31.5cm

この奥行きがラクアminiは31.5cmだったので我が家の狭小キッチンカウンターへ設置が可能となりました。

ちなみに我が家のカウンター幅(奥行)は、36cmです。(ギリギリ!💧)

※設置に必要なスペースは、側面:10cm以上 後面:10cm以上 上面70cm以上スペースを空けておく必要があります。(ラクア、ラクアmini 共通)

我が家の設置例

どの様な形で設置しているか我が家の設置例を画像で紹介します。

キッチンカウンター(幅36cm)に設置。

排水ホースをシンクに無理なく流せる様に設置しました。排水ホースは程良い長さにカットしています。

使い方について

1.食器をトレーへ設置します。

食洗器を使用する時に、トレーへの食器の入れ方には気を付けた方が良いかもしれません。

食洗器下側の噴射ノズルから水が出てきますが、食器にノズルの水がかかる様にトレーへ置いた方が汚れが落ちやすくなります。

また噴射ノズルがトレーの下側でくるくると回転していますが、トレーから食器などがはみ出していると、干渉してしまうので注意しましょう。

2.洗剤投入場所に食器洗い専用洗剤を入れ扉を閉める。

必ず食器洗い機専用の洗剤を使用しましょう。

分量は3~5gです。

3.電源をONにして食洗器上部の給水口より水を(3.2L)入れます。
チャイムが鳴るまで注ぎます。

4.洗浄モードを用途に合わせて以下より選択します。

洗浄モード使用用途洗浄・すすぎ乾燥
通常洗浄食後すぐ洗う時(通常時)約69分
洗浄:約55℃
すすぎ2回 常温 / 約68℃
75分
強力洗浄食後から時間経過したものや調理器具など約89分
洗浄:約55℃
すすぎ2回:約55℃ / 約75℃
75分
スピード汚れが軽い物、つけ置きや水洗い後の物を洗う時約29分
洗浄:約50℃
すすぎ2回:常温 / 約62℃
75分
水洗い洗浄だけのモード約19分
洗浄:常温
なし

我が家では通常洗浄がほとんどです。
スピードを試したことはありますが、先に水洗いなど予め汚れは落としておいた方がよいですね。

5.スタートボタンを押して洗浄を開始します。

基本的には以上で後はほったらかしですが、途中で停止したい場合は、スタート/停止ボタンを押すと一時停止出来ます。

再度開始する時も同じボタンを押せば、洗浄再開します。

※洗浄中はガラス面など高温になるので注意して下さい。

6.チャイムが鳴ったら終了。

洗浄が終了したら扉を開けてしばらく熱気を逃がします。

その後食器を取り出します。

洗える食器の量は?

ラクアminiの一度に洗える食器量は、1~2人分なのでそれほど多くはありません。

下画像の量くらいです。

大皿:2点
中皿:2点
小鉢:2~3点
小皿:2~3点
茶碗:2点
小物類:はし、スプーン、フォークなど

ラクアminiのデメリットは?

デメリット1は、やはり小さいので食器の洗える量が少ない事。

狭小スペースに設置しているので仕方無いんですが・・・💧。

ラクアが都合よく置けるスペースがあったならと思います。

デメリット2は注水口へ水を入れる時にこぼしそう。(つーか、こぼした💧)

食洗器の上側に注水口がありますが、本体後ろ側から入れないとこぼします。
付属の給水カップで2回分入れないといけないのも面倒かな~。

デメリット2の対策

そう思っていたら、対策として良い案がありました。

アウトドア、レジャー用の給水器を利用するんです。

これはgood!なアイデアだと思います。

ラクアminiのメリットは?

ラクアminiの最大メリットは小スペースでの設置が可能!なところでしょう。

これほどの小スペースに設置が出来るので、一人暮らしの賃貸アパートなどにもピッタリなのではないでしょうか。

ラクアminiメリット2は、時間の有効利用が出来る。

これは食洗器全てに言える事ですが食器洗い、片付けをしている時間を別の事に使えます。

特に忙しい朝に!

朝食後は食洗器に食器をセットして後は出勤前に食洗器のスイッチを押すだけ。
(ちゃんと給水してからね!)

朝の5分は貴重ですよね~ ( ̄▽ ̄;)

まとめ

こんな私も最初は食器なんて手で洗えばいいじゃん!って思ってた奴なんですよ。
しかもろくに家事もしないのに偉そうに・・・。(ダメおやじです。)

まず食器洗い機なんて高価で贅沢な代物、我が家の様な狭小住宅には、夢の道具。
と思ってたんですが。

なんと、こんな狭小スペースにも設置可能、工事不要の「ラクアmini」が在るんだ!!
と知った時から心惹かれてしまいました。

購入してダメだったらすぐ売り飛ばしてやろうとか思ってたんですが、今では購入して良かったと思っています。
(楽が出来るから (-。-)y-゜゜゜)

妻も朝の片付けは助かると言ってます。

また寒くなると、あかぎれなど手荒れがおきますがラクアなど食器洗い乾燥機があれば、幾分身体的、精神的ストレスを軽減してくれます。

便利家電マシーン 最高!


コメント